mailmaga3 ↓ ↓ ↓

上田育弘(ベストライセンス)さんの商標ビジネスは有り無し?

ppap

こんにちは、ねもとです。

ベストライセンスの上田育弘さんが、
ピコ太郎のPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)を
商標出願したというのをネットでみました!

これについてビジネス的に有りか?という事で
考えてみました!

ベストライセンスの上田育弘さんの商標ビジネスについて

r

僕は弁理士さんでもないのですが、
あくまでビジネスについて考えてみたいと思います。

ベストライセンスの上田育弘さんって、
一体どんな方なのか?

そもそも上田育弘さんが、
商標リストを大量に出願する経緯となったのは、
「弁理士会の会費を延滞して登録抹消された為、出願代理人の仕事ができなくなった」
事が理由のようですね!

今までどんなのを商標登録として出願しているのか?

・じぇじぇじぇ

・倍返し

・やられたらやり返す

・民進党

・スカパー

・終活

・ラブライフ

他・・・

というように、
流行の言葉は片っ端から出願しています(笑)

ちなみに2016年で出願したランキングがあるけど、
1位〜5位をみるとこんな感じ!

ランキング 申請者 件数
1位 ベストライセンス株式会社 8682
2位 上田育弘 3041
3位 株式会社サンリオ 526
4位 株式会社資生堂 333
5位 株式会社コーセー  248

というように、
上田さんと上田さんの会社が1位と2位に!?

サンリオや資生堂よりも多いって、
かなりウケます(笑)

上田育弘さんが出願した商標は認められているのか?

adsense

商標は出願するのにあたり、
1件12,000円かかります!

2016年だけでも1万件を超えているので、
1億以上の金額がかかります。

どうやら上田さんは、
申請だけして全部に対してお金は払っておらず、
支払いがされない場合は、
半年ほどで出願が取り消されます。

おそらく片っ端から申請して、
受理されたものや需要が高いものだけを残すってことでしょうか?

Twitterでも同じような商標ビジネスの転売があった!?

twitter

上田さんはこのように申請を大量に出すのを、
ビジネスだと言っています。

申請を通して需要があるものを売るっていうことでしょうね!
儲かっているのか?はわからないけど・・・

今回の一件を見て少し前にtwitterでも
同じようなビジネスがあったのを思い出しました。

twitterでも希少価値の高いアカウントや
今後成長しそうなアカウントを片っ端から作って、
売りに出すっていうのが流行った時期があった。

あれと同じような感じでしょうね!

知り合いの弁理士の先生が言った事!起業家の先輩が言った事を思い出す

昨年知り合いの弁理士が言った話を思い出した。

確か・・・

「出願はできるけど、申請者とあまりにも関係ない商標だと受け付けるけど、認可されない」

って事を言っていたのを思い出しました!

それに知り合いの起業家の先輩で、
メルマガの会社を経営している人がいるのだが、
その人がだいぶ前に言っていた。

ビジネスをするなら商標登録をしろって・・・

たしかに今回の一件はそう思うような事が多々あるなぁ!

僕がこの商標ビジネスのノウハウがあったとしたら、
やるか?やらないか?って考えたら、
絶対にやらないと思う。

ビジネス的には、
反感は買うけど実に面白いと思う!

けど実際の所は上田育弘さんは、
この商標ビジネスで高い利益を出していないし、
それならブログ書いてアドセンスを貼った方が
圧倒的に利益が出しやすいし。

それこそ半不労所得でしょう!

mailmaga3 ↓ ↓ ↓