mailmaga3 ↓ ↓ ↓

AdSense Managerのインストール・設定・使い方!アドセンスを記事に簡単に挿入

adsense-manager

こんにちは。

寿司のネタはイカとタコが一番好きなねもとです。

今回はブログにアドセンスの広告を楽に貼り付ける
プラグインについて説明したいと思います。

AdSense ManagerはGoogle AdSense広告を
記事中の好きな位置に簡単に設置することができる
WordPressプラグインです。

記事中広告はクリック率が高いと言われているだけに、
広告収入を増やしたいと考えている人にとっては、
重要なプラグインとなります。

そんなAdSense Managerのインストール方法と
使い方について、詳しく解説いたします。

AdSense Managerのインストール方法

adsense1

まずはAdSense ManagerをWordPressへ
インストールする方法を解説します。

管理画面のプラグインから「新規追加」をクリックし、
右上の検索窓に「AdSense Manager」と入力して検索します。

検索結果にAdSense Managerが表示されるので、
「今すぐインストール」→「有効化」と進めます。

これでAdSense Managerのインストールは完了です。

AdSense Managerの設定方法

adsense2

インストールが終われば早速設定をしていきます。

管理画面の「投稿」から「Ad Units」を選択します。

表示された入力スペースに自身のアドセンスコードを
入力し、「Import」をクリック。

※重要なのがアドセンスの広告を付ける際は、
必ず「スポンサーリンク」と明記する事です。

これを忘れると広告が剥奪される可能性がありますので、
気をつけてください!

参考イメージ

adsense4

次に表示された画面では広告の名前や表示設定を
していきます。

adsense3

Nameはそのユニットの名前を好きな名前に設定可能です。

今回は初期設定のまま「co-1」にしておきます。

次に設定するのが「Display Options」です。

初期設定ではすべて「Use Default」となっていますが、
ここをすべて「Yes」に変更します。

「Use Default」のままだと広告が正常に表示されない
ケースがあるので注意が必要です。

ここまでの設定が終わったら「Seve changes」で保存します。

広告の挿入方法

adsense4

では作成した広告ユニットを実際に、
記事中に挿入する方法を解説します。

投稿画面で広告を表示させたい場所に、
と入力します。

○○のところは設定したユニット名になるので、
今回はとなります。

たったこれだけの作業で、記事中の好きなところに
アドセンス広告を表示できるようになります。

アドセンス広告の報酬をメインにマネタイズする場合、
広告の設置場所というのは、非常に重要になってきます。

記事を読んでいる途中に広告が飛び込んでくると、
ついクリックしてしまう人も多く記事中の広告表示は
クリック率が高まる期待が持てます。

簡単な設定作業だけで導入可能なAdSense Managerで
クリック率アップ、報酬アップを目指してみてはいかがでしょうか。

それでは、あでぃゆ〜!

mailmaga3 ↓ ↓ ↓