mailmaga3 ↓ ↓ ↓

All In One SEO Packのインストール・設定・使い方

seo

こんにちは。

車はオープンカーとクラッシックカーが
好きなねもとです。

ウェブサイトやブログを運営する人にとって、
GoogleやYahooなどの
検索エンジンからの流入増は命題の一つです。

WordPressには、
そんな自然検索からの流入増をサポートするプラグイン
「All In One SEO Pack」が存在します。

今回は「All In One SEO Pack」の
インストール方法と使い方を説明します。

All In One SEO Packのインストール方法

All In One SEO Packのインストール方法は以下の手順を踏みます。

1.プラグインの新規追加に進む

seo

まずはじめに、WordPressの管理画面から
「プラグイン」の「新規追加」をクリックします。

2.All In One SEO Packを探す

seo2

検索ボックスに
「All In One SEO Pack」と入力して検索します。

3.All In One SEO Packをインストールする

seo3

All In One SEO Packが見つかったら
「今すぐインストール」を押します。

All In One SEO Pack を有効化する

seo4

インストールが終わると
ボタンの名称が「有効化」に変わります。

「有効化」ボタンを押して、
プラグインをアクティブな状態にします。

以上でAll In One SEO Packの有効化までの作業は完了です。

ここからは設定方法を説明します。

All In One SEO Packの設定方法

All In One SEO Pack全体の設定の手順について説明します。

また、設定内容のうち、
代表的なものをピックアップして設定方法を紹介します。

All In One SEO Packの一般設定に進む

seo5

WordPressの管理画面から
「All In One SEO Pack」「一般設定」をクリックします。

ホームページ設定

seo6

ウェブサイトのトップページのタイトルや
メタディスクリプション・メタキーワードを設定します。

ディスクリプションは、
長く書いても途中で切れてしまうので、
150文字以内にしましょう。

Search Consoleの認証

seo7

「ウェブマスター認証」エリアでは、
Search Consoleの設定ができます。

Search Consoleの管理画面から
取得したサイト埋め込み用のタグを
コピー&ペーストしてください。

Google Analytics設定

seo8

「Google設定」エリアでは、
Google+などの設定もできるが
メインはGoogle Analyticsの設定です。

Google Analytics設定後に発番される
アナリティクスIDを入力します。

noindex設定

Googleにインデックスさせたくないページを設定します。

自動生成されるユーザーにとって、
意味を持たないページを
noindexに入れるなどするサイト運営者は多いです。

ページ個別の設定

seo9

ぺージ個々の設定は上の手順で行います。

タイトル・メタ情報の編集

seo11

投稿の編集画面でタイトル・メタ情報を編集します。

noindex設定なども
個別の投稿画面でできますので、
必要に応じてご利用ください。

以上になります。

今回は主にAll in SEO Packの
根幹となる機能をご紹介しました。

このプラグイン一つで広い範囲の設定ができますので、
ぜひ活用いただければと思います。

それでは、あでぃゆ〜!

mailmaga3 ↓ ↓ ↓