mailmaga3 ↓ ↓ ↓

外注ライター募集をしても良いライターが集まらない悩みと対処法への質問と回答

アドセンスと物販アフィリで稼ぐねもとです。

アフィリエイトをやる時に、外注のライターさんを募集して記事を書いてもらう事って結構ありますよね!
実際僕も結構な量を外注ライターさんにお願いしています。

実は先日こんな悩みがある方の相談に乗ってきました。
外注ライターさんにお願いして記事を書いてもらっている方なんですが、なかなか良いライターさんに巡り合わないとの事。
その時に僕がアドバイスした事について、まとめましたので参考にしてみてください。

良い外注ライターが集まらない悩みを解消する為には!?

そもそも良い外注ライターさんとは、一体どのような方をいうのでしょうか?
アフィリエイトやアドセンスをやっている人の共通としてあげられる良いライターさんというのは、おそらくこんな方ではないでしょうか?

・アクセスの集まる記事や商品が売れる記事を書いてくれる
・自分が指示をしなくてもある程度の記事が書ける
・深い専門的知識を持っている
・料金も低コストで文字量もそこそこ書いてくれる
・欲をいえばワードプレスとかも使えて記事を投稿したりもしてくれる 等

先日相談を受けた方の話を聞いてみても、大体こんな所があがります。

では実際このような高いパフォーマンスを上げられるライターを探した場合、それなりの費用が発生します。
1記事最低でも2〜3万は払った方が良いのではないでしょうかね!?

そんな事を続けてたら確実に赤字です。

ちなみに僕のライターさんの記事の相場は1記事500-1000円以内で、1000-2500文字くらい書いてもらいます。
最初は300円からという感じでした!

僕の外注ライターに対する考え方について

高い金額を払えば、良いライターさんを見つけれる確率というのはグンと上がります。
しかしそれだと意味が全くないんですよね。

例えばライターさんを商品の仕入れとして考えたら、仕入れる物を高く仕入れて売る人っていませんよね?
普通は安く仕入れて高く売ります。

外注のライターさんにお願いする場合もこれは同じです。
高い金額を払って良いライターさんを仕入れる事は、ぶっちゃけ誰でも金さえあれば簡単にできます。

しかしいかに安く仕入れて尚且つライターさんに、気持ち良くお仕事をしてもらうか?
というのがとても重要になります。

無駄に「はい、300円ね!」ではダメです。
ライターさんも人間ですから、気持ち良くやりとりをしましょうね(笑)

つまりここで重要なのが、通常1000円の記事を300円で書いてもらう交渉テクニックが必要になります。
どうやったら1000円の記事を品質を落とさないで、300円で書いて貰えるのか?考えます。

外注ライターは育てるのが一番

僕は外注ライターさんと付き合う際は、いかに長くお付き合いができるか?という点を踏まえて、やりとりをさせていただきます。
なぜなら最初から完璧なライターさんは存在しないからです。

それに凄い良いライターさんを募集するよりも、ライターさんを育てる方が圧倒的に自分に合った記事が書けます。
もちろん最低限の基準値というのはありますよ。

それを踏まえた上で、外注のライターさんを募集すればかなりの確率できちんと育っていきます。

例えばライターさんが、スマホに関してめちゃくちゃ詳しかったとします。

次に作るサイトが中古車売買のサイトだったとして、ライターさんを育てるという事を念頭に置いておけば、ライターさんは、自分で勉強をしてクォリティの高い中古車売買のサイトに合った記事を書いてくれるようになります。

コスパ的には中古車売買に詳しいライターさんを見つけるよりも、圧倒的に安いです。
それにそんな簡単に自分の理想としているライターさんは見つかりません。

それよりも自分に合ったライターさんを見つけて、育てていく方が絶対的に良いと僕は思っています。

ライターさんの育て方は、職場で新人が入って来た時に指導してきた様に、また部活動に新しい後輩が入って来た時の様に、丁寧にしっかりと教えてあげると、素晴らしいライターさんに成長します。

ぜひ参考にしてみてください。

mailmaga3 ↓ ↓ ↓