mailmaga3 ↓ ↓ ↓

nofolow(ノーフォロー)タグの使い方!外部リンクとSEOの関係

アドセンスと物販アフィリで稼ぐねもとです。

ブログを運営していく中で重要なのが、
SEOになります。

特に外部サイトへの発リンクにノーフォロータグを
使うことでSEOの効果もだいぶ変わっていきます。

nofolow(ノーフォロー)タグとは?

ではまず「nofolow(ノーフォロー)タグ」について、
簡単に説明をしますね。

自分でブログを運営していて、
自分のサイトから他のサイトにリンクを貼る時ってありますよね!?

例えば

このブログがオススメです。
こんな感じでオススメのブログやサイトを紹介するとかね。

その時に普通にリンクを送ります。

しかしGoogleとしては、自分の運営しているブログから、
沢山のリンクが紹介しているサイトを好ましく思っていません。

そうですよね。
このサイトもあのサイトもオススメですって、
言ってたら一体どれが本当なんだよ!ってなります。

むしろGoogleから低評価を受ける場合もあります。
そんな時にこの「nofolow(ノーフォロー)タグ」を使います。

「nofolow(ノーフォロー)タグ」とは、リンクに対して
「自分のサイトはリンク祭のサイトを評価をしない」
といった設定をするタグになります。

つまり自分のサイトからリンクは送るけど、
Googleからは低評価をされずらくなるというタグになります。

nofolow(ノーフォロー)タグの使い方

「nofolow(ノーフォロー)タグ」の使い方は非常に簡単です。

通常の場合のリンクだと、
<a href=”リンク先URL” target=”_blank”>文章</a>
となります。

「nofolow(ノーフォロー)タグ」を使った場合は、
<a href=”リンク先URL” target=”_blank” rel=”nofollow”>文章</a>
となります。

「blank」の後に「 rel=”nofollow”」を入れるだけです。
これだけでGoogleからの評価が下がらなくなります。

nofolow(ノーフォロー)タグのメリットと注意点

普通に外部リンクを使った場合は、
自分のSEOのパワーが弱くなってしまう事になります。

この「nofolow(ノーフォロー)タグ」を使うだけで、
自分のSEOパワーは奪われなくなり、
Googleからの低評価も受けずらくなるメリットがあります。

注意点としては、
じゃあ「nofolow(ノーフォロー)タグ」を使うから、
外部リンクをドンドン使っても良いというわけではありません。

そのあたりはバランスを見て不自然じゃない位にしましょう。
「nofolow(ノーフォロー)タグ」は外部リンクだけで十分です。

内部リンクはノーフォローは不要です。

mailmaga3 ↓ ↓ ↓