mailmaga3 ↓ ↓ ↓

Googleアドセンス規約!禁止コンテンツを知っておく!

adsense

Googleアドセンスは規約が厳しいでも有名!

禁止コンテンツに触れて、
ペナルティを食らい広告の掲載が禁止になったなんて
いう人も多いのではないでしょうか?

そのためにアドセンスの禁止規約をしっかりと
把握しておく必要があります。


Googleアドセンスの禁止コンテンツ!規約をしっかりと把握する事

アドセンスの規約をしっかりと知っておく必要があります。

アドセンスを始める前に、
今一度規約を確認しておきましょう!

アドセンスのホームページにも
しっかりと規約が掲載されています。

1.アダルトや成人向けの表現が含まれている

水着姿の写真や画像、
きわどいグラビア写真といった画像が、
ブログに掲載されている場合、
アダルトコンテンツを思われます。

ここにアドセンスを掲載していると、
ペナルティを受ける確率が高くなります。

文章だけでなく、
画像にも注意が必要になります。

他にも映画やドラマでの過激な性表現、
アダルトサイトへのリンクも
ペナルティの対象となってしまいます。

2.個人・集団・組織を誹謗中傷するコンテンツ

これは当たり前です。

例えば個人を名指して悪口を書いたり、
企業を特定で避難したりするのは、
アドセンスの規約に違反するので気をつけましょう!

そもそもこんなことをしている時点で、
良いサイトとはいえないけど。

3.危険ドラッグや薬物に関係した内容

販売はもちろんの事、
宣伝といったこともNGです。

4.アルコールやタバコに関連した内容

こちらも危険ドラックや薬物と同様です。

販売はもちろんの事、宣伝も基本NGになります。

ちなみに電子タバコやアイコスといった商品サイトへの
リンクもNGになります。

5.ヘルスケアに関係した内容

危険度ラックや薬物、アルコール類と同様に、
処方箋の販売やオンライン薬局への誘導は、
基本禁止されています。

6.ハッキングやクラッキングに関連した内容

例えば違法で無料動画が観れる方法とか、
同じようにサイトへの誘導はもちろんNGになります。

他にもYoutubeの動画をブログに埋め込んで表示、
この動画が違法性の高いものだった場合、
掲載しているブログが規約に引っかかるという事になります。

違法性の高いyoutubeの動画を
ブログにリンクを貼るのは止めましょう!

7.報酬プログラムを提供するページへのリンクや誘導

よく秒速で×××円稼げるや、
無料で登録するとポイントが付くといったり、
自分のサイト経由で申し込むと××円キャッシュバック!

こういったサイトへのリンクや誘導というのは、
基本的にダメです。

よく勘違いするのは、アドセンスの掲載しているページに、
アフィリエイトの掲載をするのはNGという人がいますが、
基本規約を守っていれば掲載はOKです。

8.不適切な表示に関連する内容

嘘の情報や大きく異なった誇大表現への
アドセンスの掲載はNGになります。

もちろんそうです。

嘘をついて書いている内容自体、
アドセンスの問題以前になります。

またgoogleの許可なく、
ロゴやサイトのスクリーンショットを
撮って掲載するのは、NGになります。

他にもよく今月いくら稼いだ!という事を掲載する人がいますが、
基本アドセンスを掲載しているサイトでは、
やらないほうが良いでしょう!

もしやるなら、確定した金額の開示にしましょう。

9.暴力的な表現の内容

よくあるのが悲惨な事件や事故を扱って、
アクセスを稼ごうとするやつ。

これ僕一番嫌いです。

連続殺人事件やバラバラ殺人事件といった内容ですね。

もちろん映画や漫画でもこう言った過激なのがありますが、
気をつけて取り扱いましょう!

基本過激な表現での内容は、
なるべく控える事をお勧めします。

10.武器や兵器に関する内容

銃やナイフと言った暴力的表現に繋がる内容、
またはそれらの商品の販売ページへの誘導です。

他にも銃やナイフを使ってどうやって人を殺害するのか?
といった内容ももちろんNGになります。

11.不正行為を可能にする内容

いわゆる詐欺や犯罪の仕方といった不正行為を
手助けするような内容はダメです。

身分証明書やパスポートの偽造のやり方、
他にも有罪を無罪にする方法など、
犯罪に加担する内容は止めましょう!

12.違法性のあるコンテンツ

法律的に違法なコンテンツは、
アドンセスは全面的にNGです。

例えば児童虐待や動物虐待、
他にも性行為や商法など。

アドセンスで重要なのは、
「家族や同僚に見せても大丈夫」だという事!

これらを理解していないと、
基本ペナルティを受けます。

mailmaga3 ↓ ↓ ↓