mailmaga3 ↓ ↓ ↓

ブログ記事の修正方法!加筆してアクセスアップを目指すポイント

blog2

どうもねもとです。

ブログの記事は書いて終了!

という感じで終わりではなく、
定期的にメンテナンスをしてあげると
とても良い感じにアクセスが集まってきます。

ブログ記事の修正&加筆ポイントについて

blog

ブログの記事を修正することよって、
更にアクセスアップを見込める事ができます。

えー!書いただけじゃダメなの?って思う人も多いのですが、

基本的にメンテナンスはかなり重要です。

ではブログの記事をメンテナンスするには、
どのような基準で修正や加筆を加えた方が良いのでしょうか?

全部の記事を修正して加筆してたら、
どんなに時間があって足りませんよね。

そこで修正するポイントとしては、
狙ったキーワードで上位表示されていない記事を
中心に修正と加筆を行っていきます。

上位表示されている記事じゃなくて?
と思う人もいます。

しかし

ひとまず狙ったキーワードで上位表示されているのは、
まずは上位表示させるという目的を達成しているので、
上位表示されている記事は無視してください。

すでに上位表示されている記事からは、
アクセスの流入がされているからです。

上位表示されていない記事を修正することで、
他の記事からのアクセスが見込めるからです。

アナルティクスを使って記事を確認する

では実際に僕がどのように記事の修正を
行っているのかを再現していきたいと思います。

まずGoogleアナリティクスにログインし、
アクセスの状況を見ていきます。

修正するブログはある程度、
アクセスが見込めるようになったブログにしてください。

Googleアナリティクス▶︎ログイン▶︎集客▶︎すべてのトラフィック▶︎
参照元メディア▶︎プライマリディメンション▶︎キーワード▶︎
その他▶︎ランディングページ

という順番でデータを開いていきます。

1

するとデータの解析が現れます。

2

上から順番に記事を開いていき、
その記事の狙っているキーワードを調べます。

今回は「アドセンス ねもと」で検索してみました(笑)

1ページ目に記事が表示されるようでしたら
狙ったキーワードで上位表示できているので、
修正はしなくて大丈夫です。

1ページ目に記事が表示されていたら、
その記事は加筆も修正もしなくて良いです。

1ページ目に表示されていなかったら、
記事を修正&加筆を加えます。

ブログの加筆は一度にたくさんの修正を行わない事

blog

記事の修正するポイントは、
一気に修正しないという事です。

500文字ほど関係のある記事の内容を
加えていきしばらく放置します。

少し前は長文であれば良いという風潮があったのですが、
ぶっちゃけそんな長文を書いても誰が読むんだよっていう事で、
少しずつ加筆をしていきます。

すぐには順位の変動がしないので、
1ヶ月に5記事前後を目安に修正をします。

アクセスが集まるようになると、
月に1,2回くらいのメンテナンスでよくなります。

そしてしばらく様子を見て、
修正した記事が1ページ目に上位表示しているなら、
そこで修正と加筆は終了になります。

それでも上位表示が出来ていない場合は、
更に記事を加筆して修正をするか、
諦めるかの判断をします。

これは個々の判断になりますが、
僕は2ヶ月位待って上位表示されなかったら、
放置する感じにしています。

以上がブログ記事の修正のポイントになります。

→google search consoleやアナリティクスにサイトを登録すると連鎖ペナルティを受けるのか?

→Googleアナリティクスで自分のIPアクセスを除外する設定方法

mailmaga3 ↓ ↓ ↓